♪交響曲第7番 イ長調 op.92 (ベートーヴェン)

拿1楽章:ポコ・ソステヌート(序章) 4/4拍子-ヴィヴァーチェ(主部) 6/8拍子 イ長調 ソナタ形式 

第2楽章:アレグレット 2/4拍子 イ短調 三部形式

第3楽章:スケルツォ プレスト 3/4拍子 へ長調 

第4楽章:アレグロ・コン・ブリオ 2/4拍子 ソナタ形式

ジョン=エリオット=ガードナー版

作曲年代は1811~1812年。初演(非公開)は1813年4月20日、ルドルフ大公邸。公開の初演は1813年12月8日、ウィーン大学。

この交響曲をリストは「リズムの神化」、ワーグナーは「舞踏の神化」と呼んだ。その根拠は各楽章が一定のリズム型で一貫されている点にある。第2楽章はアレグレットゆえに緩徐楽章に相当しないとされる。その点では次の第8交響曲も同様に第2楽章はアレグレットで緩徐楽章がないとされている。初演当時から大人気で、第2楽章はしばしばアンコールされたそうだ。

輝かしい生命感で満ち溢れ、同一のフレーズが幾度となく反復され、曲はどんどん飛翔して、クレシェンドとアッチェランドしていく。理屈抜きに昂奮し楽しい気分を一層盛り上げる。きっと誰もにもヴィヴィッドな高揚感を与えてくれる名曲である。アポロン的である。しかもダイナミックで力強い音楽である。

♪♪♪ベートーヴェン「交響曲第7番」イ長調 op.92♪♪♪

カルロス=クライバー指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団

 

♪♪♪ベートーヴェン「ウェリントンの勝利(=戦争交響曲)」 op.91♪♪♪

ヘルベルト=フォン=カラヤン指揮ベルリン=フィル

 

歴史的葉背景として、この1812年頃はナポレオンが敗北していく時期である。ベートーヴェンが居住していたウィーンがナポレオンから解放された時期でもあった。この曲の公開初演の際に「戦争交響曲(=ウェリントンの勝利)」(⇒イギリス国歌「God Save the Queen」のメロディーが登場する楽しい曲)も同時に演奏されたそうであるが、まさしくナポレオンからの解放を高らかに歌う勝利と自由や平和への歓喜の曲である。第4楽章アレグロ・コン・ブリオの長大なコーダにおいては10数段の階段を登りきった時点で頂点に達する。200年も前の曲が現在の名曲中の名曲であるゆえんだ。これを感得する人間の精神は時代に関係なく共通なのかもしれない。一過性で刹那的な属性を伴う現在の流行歌にこのような普遍性は感じられない。200年も前の曲が普遍妥当性を有している。

音楽が人を勇気づけ元気を喚起させる役割があるとすれば、この曲ほどその役割を果たしてきた名曲はないのではなかろうか。トスカニーニ、フルトヴェングラー、カルロス=クライバー、ミュンシュ、カルロス=パイタ、フランス=ブリュッヘン、ガーディナー。。。本当にこの名曲の名盤を列挙するには枚挙にいとまがない。

 

カルロス=パイタ版   フルトヴェングラー版  

カルロス=クライバー版   ミュンシュ版

 

 

~ベートーヴェン 交響曲第7番 イ長調 作品92 デスコグラフィー my collection ~

指揮者 モダン楽器演奏 オーケストラ
朝比奈隆 大阪フィル
宇野功芳 新星日本交響楽団
オクトフォルス オクトフォルス
カザルス マールボロ音楽祭管弦楽団
カラヤン ベルリン・フィル
カンテルッリ フィルハーモニー・O
ギーレン 南西ドイツーSO
クライバー(父エーリッヒ) アムステルダム・コンセトヘボウ
クライバー(子カルロス) ウィーン・フィル版(1975年版・1982年版)
WDR-SO版(1972年版)
シェルヘン ウィーン国立歌劇場管弦楽団(1951年年版)/
ジンマン チューリヒ・トーン・ハレ管弦楽団
ストコフスキー ロンドン・フィル
トスカニーニ NBC-SO  パイタ フィルハーモニー管弦楽団
ハーガ― ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団
フルトヴェングラー ベルリン・フィル(1943年版・1943年ライブ版)/
ウィーン・フィル版(1950年版・1953年版・1954年版)
フロマン フランス国立放送管弦楽団
ブロムシュテット ドレスデン国立管弦楽団
マーク パドヴァーO
マッケラス ロイヤル・リヴァプール・フィル
マタチッチ NHKーSO
メンゲルベルク アムステルダム・コンセルトヘボウ
ムラヴィンスキー レニングラード・フィル
ミュンシュ フランス国立管弦楽団
ムーティ フィラデルフィア管弦楽団
*シプリアン=カツァリス *ピアノ独奏版
*カナディアン=ブラス *吹奏楽版 

指揮者 古楽器演奏 オーケストラ
アーノンクール ヨーロッパ・チャンバー・オーケストラ
ガーディナー オーケストラ・レボリューショナル・ロマンティカ
グッドマン ハノーヴァー・バンド
ノリントン ロンドン・クラシカル・プレイヤーズ
ホグウッド アカデミー・エンシェント・ミュージック
ブリュッヘン 18世紀オーケストラ