アイヌモシリ=人間の静かな大地=北海道

晩秋の日高 アイヌモシリとは「人間の静かな大地=北海道。北海道の命名者で北海道探検の第一人者松浦武四郎(1818~1888)はアイヌの総長アエトモから「アイヌは自分の国のことをカイ(加伊)と呼ぶ」と聞かされた。アイヌ人差別の明治政府の姿勢に対峙した松浦武四郎はアイヌの人たちに対するシンパシーに鑑み「カイ」を採用して「ホッカイドウ」と命名した。北海道の命名(1869)の記念すべき地は松浦武四郎がアエトモと道北音威子府にその碑を以て証明される。人間も自然の一部であり土や空気になんらの作為することなくただありのままに併存する。。。北の大地とありのままに接する。。。

こちらもどうぞ