春は名のみの風の寒さや…安平の風景

安平の木造サイロ  サイロのある山田牧場

日本一古い木製サイロ(1930年建築)…残念ながら昨年(2015年)危険なので取り壊したそうで、現在は2基あったうち1基のみがみられる。安平町の山田牧場にある。安平は千歳と苫小牧の東部に位置する酪農の町。広々とした牧場風景が広がる。早春の安平は雪もほとんどなく冷たい風が、人影も見かけない静かな牧場風景をいっそう静寂なものにする。

いわゆるかつての文部省唱歌である「早春譜」は長野県安曇野が背景であるそうだが、ここ北海道安平の早春もこの名曲がぴったりだ。

 

♪ 早春譜  作詞:吉丸一昌 作曲:中田章 1913年 ♪

1 春は名のみの 風の寒さや

  谷の鶯 歌は思えど

  時にあらずと 声も立てず

  時にあらずと 声も立てず

2 氷解け去り 葦は角ぐむ

  さては時ぞと 思うあやにく

  今日もきのうも 雪の空

  今日もきのうも 雪の空

3 春と聞かねば 知らでありしを

  聞けば急かるる 胸の思いを

  いかにせよとの この頃か

  いかにせよとの この頃か

 

 

*サイロ:米・小麦・トウモロコシ・大豆などの穀類や家畜飼料を保存・貯蔵する円柱形の倉庫。

安平  安平の田園風景   

北海道の牧場風景はそれを見るたびに解放感と雄大さに感動する。そして大自然との一体化を体験する。大きな牛舎や牧場主宅に至るまでは広々とした牧場の中でかなりの距離を感じる。

 

冷たい風を顔に感じながら時間や空間やカントの認識論や…こんな静寂の中でふと学生時代哲学科で学んだ西洋哲学のことが思い起こされてくる。古代ギリシア哲学の教授がニヒリズムはニーチェばかりでなくソクラテスにもあるって言っていたことを懐かしく思い出す。人生の遊戯性ということや真理というものは創造するものであり想像された真理を根拠や前提に人は諸事を判断しているのだ、絶対的なものなど存在しない…「真理は作るものだ」と科学哲学の授業で教わった。

 

 

北海道の安平の大自然の中で精神が穏やかになり人生を遠望する。

 

カントの墓碑銘に刻まれている「それを思うことが、度重なれば重なるほど、また長ければ長いほど、ますます新たな、かつますます強い感歎と崇敬の念とをもって、心を満たすものが二つある。我が上なる星空と、わが内なる道徳法則とである。」(カントの「判断力批判」より)のような崇高で清澄な精神がこの 大自然が重なる。

安平 安平のロール群

地図画像

こちらもどうぞ

  • 十勝音更の白樺並木十勝音更の白樺並木 十勝の田園風景に出合うと誰しも幸福な気分になる。 Posted in 道東
  • ♪大雪の山麓 北海道の重心地”新得”♪大雪の山麓 北海道の重心地”新得” 北海道旅行の目的はその自然の雄大さを体感することにある。 […] Posted in 道東
  • 透明度日本一、摩周湖透明度日本一、摩周湖 しかし深々とした道東の森林や湖や風をもっとも物静かに感得するには摩周湖ほど感動的な場所はない。 […] Posted in 道東
  • 層雲峡・旭川層雲峡・旭川 大きく変化する北海道のダイナミックな自然を体感する。自然の中に溶け込む。人間も自然の一部である。 […] Posted in 道東
  • 襟裳岬襟裳岬 風や温度や雪は人間をリセットさせるようだ。小さな心を吹き飛ばす。これまでの時間を振り返らせる。 […] Posted in 道東
  • 然別湖氷上コタン然別湖氷上コタン 「北海道の人は冬を楽しむ」そうであるが、極寒の然別湖氷上コタンにその答えがしかも最高の答えがあるようだ。 […] Posted in 道東