作成者: hiro

白老ポロトコタン

しらおいポロトコタンのチセ(家)郡とポロト湖

アイヌ=人間。アイヌモシリ(人間の静かな大地)=北海道はアイヌ語の地名に満ちている。

オロロンライン・宗谷岬

宗谷丘陵の宗谷岬公園から宗谷岬を望む

北緯45度!沿岸や最端は「変化という魅力」を発する。冒険心の要因。”とうとう最端に来た!”とは”とうとう究極の変化を冒険した!”ということかもしれない。

北竜町のひまわり

北竜町のひまわり

初夏から盛夏、北海道は花の大地と化す。

網走から知床の流氷

ノロッコ号[北浜駅]からオホーツク海を望む

自然が感動を与えてくれるのは、自然が少しも自らが美を発していると感じたり意識したりしていないからである!

洞爺湖・有珠山・昭和新山

噴火湾を望む(有珠山SA)

有珠山は2009年8月地質文化遺産ジオパークに登録された。自然科学への好奇心が高まる道南の美的空間である。

北海道庁旧本庁舎(通称「赤レンガ」)

早春の旧北海道庁

このレンガ色のいかにも創造的な「建築物」が演出する懐かしさや何か発しようとする主張を感じさせる動的な雰囲気こそがこの建築物の魅力の秘訣である。

美瑛・富良野

富田ファーム

北海道旅行=富良野・美瑛=紫色=感動=飽きるのに相当時間がかかりそうだ!!